Latest Post

妖怪ウォッチコラボ概要と攻略【FF14】 ログウィンドウのカスタマイズ【FF14】 キャシーを沸かせるための条件・方法【FF14】 クロの空想帳の開放手順と3ラインを揃えるコツ【FF14】 ファッションチェックスコア計算の仕組み【FF14】

ゲーム内でランダムな数字を出すテキストコマンドについて解説します。

テキストコマンドはチャットに打ち込むことで実行でき、ダイスを振るには2つのテキストコマンド「 /random 」「 /dice 」があります。「ランダムコマンド」「ダイスコマンド」などと呼ばれることが多いです。

どちらも数字を抽選してログに出力してくれる機能ですが、それぞれ用途や使い方が異なるので解説していきます。使いたい場面によって使い分けましょう。

/randomの使い方

テキストコマンド「 /random 」の使い方・入力形式は以下の通りです

/random 上限値(2 ~ 999)

/random の後にスペースを開けて数字を入力することで、出目の上限値(ダイスの面数)を指定することができます。

入力は全て半角で行う必要があります。スペースも半角です。また、上限値は 2 ~ 999 の間で指定する必要があります。

ダイスの結果はlogに表示されます。このlogはチャットモード say と同等の範囲の周囲にいるプレイヤーまで届きます。

実行例: 10面ダイス
/random 10

また、上限値を指定しない場合は上限値999として、0~999の間で抽選されるダイスを実行できます。この場合「◯◯面」の表記がなくなります。

実行例: 上限値指定無し(1000面ダイス)
/random

抽選される数字の範囲は、上限値を指定する場合と指定しない場合で若干仕様が変わります。違いは0を含むかどうかです。

上限値を指定する場合 1 ~ 上限値 の間で抽選
上限値を指定しない場合 0 ~ 999 の間で抽選

/randomの結果ログは、ログフィルターで表示のON/OFFを切り替えることができます。ログが見えない場合はチェックしてみましょう。

設定は「キャラクターコンフィグ」→「チャットログ設定」→「全般」にあるログフィルター設定から確認・変更できます。

ログフィルター設定を開き、タブ「アナウンス」にある「ダイスメッセージ」にチェックが入っていると、/randomコマンドの実行結果ログが表示されるようになります。

/diceの使い方

テキストコマンド「 /dice 」の使い方・入力形式は以下の通りです。

/dice 会話モード 上限値(2 ~ 999)

/dice 」は実行結果がチャットに発言されます。「 /random 」は実行結果が周囲のプレイヤーにしか届きませんでしたが、「 /dice 」を使えばFCチャットやLinkshellチャット上でダイスを振ることができます。

実行例: FCチャットで100面ダイス
/dice fc 100

実行結果は定型文辞書の形式で出力されるので、手打ち入力ではなくシステムから実行されたことがわかるようになっています

会話モード指定を無しとすると、現在アクティブな会話モードに発言されます。また、上限値を指定せず実行することもでき、その場合は0~999の間で抽選される1000面ダイスとなります。

実行例: 現在アクティブな会話モードがfreecompanyの場合 + 1000面ダイス
/dice

指定できる会話モードは以下の通りです。一部の会話モード( Tell, Say, Yell, Shout )は指定できません。

会話モード 会話モード(省略形)
party p
alliance al
freecompany fc
pvpteam 省略形なし
linkshell[1-8] l[1-8]
cwlinkshell[1-8] cwl[1-8]

「 /random 」と同様に、抽選される数字の範囲は、上限値を指定する場合と指定しない場合で若干仕様が変わります。こちらも違いは0を含むかどうかです。(再掲)

上限値を指定する場合 1 ~ 上限値 の間で抽選
上限値を指定しない場合 0 ~ 999 の間で抽選

マクロに組み込む

テキストコマンドはマクロに登録し、マクロから実行することもできます。

登録したマクロはいつでも呼び出し可能で、ワンボタンで実行することが可能となります。マクロを仕様することで、テキストコマンドを毎回入力する手間を省くことができます。

システムメニュー」→「マクロ管理」からマクロの登録や編集を行うことができます。

ダイスはコマンド自体が短く、戦闘中など忙しい時に使うものでもないので、わざわざ登録しなくても良いかもしれませんね。チャット入力はスラッシュ「 / 」から入力を開始すると、自動的に半角入力に切り替わるため、入力モードの切り替えも特に意識する必要はありません。

プレイヤーイベント等で頻繁にダイスを振るような場面であれば役に立つかもしれません。


運試し、PT編成時やCF申請時のジョブ決め、プレイヤーイベントの抽選など、覚えておくといろんな使い方ができるダイスコマンドの解説でした。

実行結果ログがアナウンスとして流れるか、チャットに流れるかというのが主な違いなので、プレイヤー同士が集まっている場合は「 /random 」、FCやLSのチャットでは「 /dice 」を使い分けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です