Latest Post

妖怪ウォッチコラボ概要と攻略【FF14】 ログウィンドウのカスタマイズ【FF14】 キャシーを沸かせるための条件・方法【FF14】 クロの空想帳の開放手順と3ラインを揃えるコツ【FF14】 ファッションチェックスコア計算の仕組み【FF14】

2022年7月5日にリリースされたパッチ6.18において、ワールドリグループが実施されました。

本記事はワールドリグループの概要とそれに関わる注意点を事前にまとめていた記事になります。

今後またワールドリグループが行われないとも限らないため、参考として記事は残しています。

目的

ワールドリグループの目的は『ワールドあたりの同時ログイン上限数を引き上げる』ことです。

同時ログイン上限数は論理データセンター(以下 論理DC)毎に決まっており、そこから各ワールドの同時ログイン上限数が割り当てられます。

つまり上限数のボトルネックは論理DCの数に依存するため、論理DCを増やして全体の同時ログイン上限数を引き上げよう、ということです。

参考:第69回PLLより 1:51:08あたりから

概要

ワールドリグループとは、どのワールドがどこの論理DCに属するかの組み合わせを再編することを言います。

パッチ6.18のワールドリグループでは、新たに「Meteorという名称の論理DCが追加されます。これにより、論理DCは「Elemental」「Gaia」「Mana」「Meteor」の合計4つとなります。

既存DCに所属するいくつかのワールドは、ワールドリグループによりMeteor DCへと所属が変更となります。

Meteor DCの所属となるワールドは以下の通り

・リグループ前 DC Elemental: Ramuh, Unicorn
・リグループ前 DC Gaia: Valefor, Yojimbo, Zeromus
・リグループ前 DC Mana: Belias, Mandragora, Shinryu

注意点

同時にデータセンタートラベルが実装される

ワールドリグループにより、フレンドと別々のDCに分かれることがあると思います。

現行の仕様だと異なるDCのプレイヤーと遊ぶことはできませんが、パッチ6.18では同時にデータセンタートラベルが実装されるため、異なるDCのプレイヤーとも遊ぶことができるようになります。

ワールドリグループを受けてホームワールド変更を検討している方も多いかと思いますが、判断の基準としてデータセンタートラベルが実装されることも考慮に入れておきましょう。

ホームワールド変更サービスの無料期間

ワールドリグループに際して、ホームワールド変更サービスの無料期間が設けられます

ホームワールド変更を行いたい場合はこの無料期間に行いましょう。

第1回目の無料期間は『2022年3月31日(木)17:00 ~ パッチ6.1公開に伴うメンテナンス開始まで』の期間で終了しました。

第2回目の無料期間は『2022年7月予定のリグループ実施から一定期間』と予定されています。

参考:データセンタートラベルとワールドリグループについて

6/21のアナウンスでは、パッチ6.18適用から約2週間を予定しているとのことでした。⇒日本データセンター拡張にともなう施策と注意点について

7/5にパッチ6.18適用となりましたが、アクセスが集中しているためか、7/6現在はホームワールド変更サービスが利用できません。

このまま期限の2週間が過ぎるのではないかと心配になるかもしれませんが、状況に鑑みて何かしらの対応があるかもしれませんので、続報を待ちましょう。

7/14に続報が出ました。
[続報]データセンタートラベルの状況ならびにホームワールド変更サービスのオープン時期について(7/14)

ホームワールド変更はDCトラベルと同じ仕組みを利用しており、現在DCトラベルの負荷状況をモニタリング中であり、週末にかけて負荷状況に問題がなければ、7/18(月)の週にはホームワールド変更サービスを再開する見込みとのことです。

7/19の続報にて、7/19 16:00頃からホームワールド再開の旨が発表されました

期間は2022年7月19日(火)16:00頃 ~ 8月3日(水) 12:00頃までとのことです。ホームワールド変更を予定されている方は早めに行いましょう。


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です